「CITI Japan」から「eAPRIN(イー・エイプリン)」への名称変更について

2018年9月3日付で、APRIN事務局より維持機関会員窓口担当者の皆様へ、以下のメールをお送りいたしましたのでご確認ください。併せてこちらもご覧ください。


【APRIN】(重要)「CITI Japan」から「eAPRIN(イー・エイプリン)」への名称変更について

一般財団法人公正研究推進協会 維持機関会員・賛助会員
窓口担当者 各位

(※このメールはAPRIN維持機関会員・賛助会員の窓口担当者の皆様へお送りしています。
  成績管理代表者、成績管理者、研究倫理教育責任者の皆様へ転送していただけますよう
  
お願いいたします。

平素より大変お世話になっております。一般財団法人公正研究推進協会(APRIN:エイプリン)より
維持機関会員および賛助会員の皆様へのお知らせをお送りいたします。

○「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」から
 「APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)」への名称変更について

一般財団法人公正研究推進協会(APRIN)は、2017年4月に文部科学省の大学間連携共同教育推進事業「CITI Japan プロジェクト」(代表校:信州大学)およびNPO法人日米医学教育コンソーシアムより研究倫理教育
eラーニング事業を引き継ぎ、以来、その普及・運営に努めてまいりました。

2017年10月には新システム「APRIN eラーニングプログラム」(https://edu.aprin.or.jp/)を
リリースし、2018年8月現在の利用機関数は305機関、登録受講者数は50万人を超えています。

さて、当eラーニングは普及の中で長らく「CITI Japan」として親しまれてまいりましたが、
APRINでは2018年10月1日(月)より、「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」の名称を
「APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)」(イー・エイプリン)に変更することとなりました。

今後「CITI Japan」に代わる名称として、積極的に広報してまいります。

※なお、eラーニングページには「名称変更のお知らせ」を掲載し、元「CITI Japan」のページである
 ことがわかるようにいたします。

APRINでは、名称が変わった後も米国CITI Programを運営するBRANY社と協力しながら、国際標準の教材を作成してまいります。つきましては、本名称変更についてご理解・ご協力をいただければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」マニュアル改訂版と今後の教材リリース予定に関するご案内

2018年8月16日付で、APRIN事務局より維持機関会員窓口担当者の皆様へ、以下のメールをお送りいたしましたのでご確認ください。


【APRIN】「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」マニュアル改訂版と今後の教材リリース予定に関するご案内

一般財団法人公正研究推進協会 維持機関会員
窓口担当者 各位

(※このメールはAPRIN維持機関会員の窓口担当者の皆様へお送りしています。成績管理代表者、
  成績管理者、研究倫理教育責任者の皆様へ転送していただけますようお願いいたします。

平素より大変お世話になっております。一般財団法人公正研究推進協会(APRIN:エイプリン)より維持機関会員の皆様へのお知らせをお送りいたします。

 

1.マニュアル改訂版のリリースについて

新システム「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」の「成績管理代表者・成績管理者共通マニュアル」につきまして、最新の画像イメージと機能説明を追加した改訂版をリリースいたしました。改訂版のマニュアルは下記のリンクよりダウンロードいただけます。

「成績管理代表者・成績管理者共通マニュアル」改訂版(第3.1版) ※Prime Drive経由
非公開のためリンクは削除いたしました。ご入用の場合は事務局へご連絡ください。

 

2.今後の教材リリース予定について

今年度の教材リリースにつきまして、現時点での予定をお知らせいたします。

【英語版】人を対象とした研究:基盤編(HSR) 英語版教材
現在日本語版のみのご提供となっている9教材につきましては、英語版を9月にリリース予定です。

【新規教材】技術者向けの倫理(仮)
「技術倫理」「技術開発におけるリスクマネジメント」「情報技術に関する倫理」の3単元から成る新領域の教材を作成中です。リリースは12月頃を予定しております。

その他
「治験(GCP)」および「社会科学・行動科学(SBR)」の英語版教材、すでに公開中の「データの再現性の確保へ向けた行動(AMED支援「国際誌プロジェクト」提供)」の続きとなる新規教材、中等教育向け新規教材、人文社会学系の新規教材なども、今年度から来年度初頭にかけて順次リリース予定です。

 

3.eラーニングシステムの改修について

現在改修を進めております「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」につきまして、改修版を10月末リリースの予定で進行しております。詳しい改修内容や改修後イメージにつきましては、順次ホームページ等でお知らせいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

「教材利用」のページを更新しました

 教材利用」のページを更新し、eラーニング利用申込みから修了証発行までの流れに関するご案内を掲載しました。また、「教材利用」サイドメニューの「教材一覧」のページに、教材内容に関するご案内AMED支援「国際誌プロジェクト」で作成した教材についてを掲載しました。本教材では、国際学術誌が近年強く求めている研究の再現性、客観性、信頼性確保の手段を、映像教材も交えながら概説します。是非ご利用ください。

「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」システムメンテナンスのお知らせと今秋のシステム改修について

2018年6月28日付で、APRIN事務局より維持機関会員窓口担当者の皆様へ、以下のメールをお送りいたしましたのでご確認ください。


【APRIN】「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」システムメンテナンスのお知らせと今秋のシステム改修について

一般財団法人公正研究推進協会 維持機関会員
窓口担当者 各位

(※このメールはAPRIN維持機関会員の窓口担当者の皆様へお送りしています。成績管理代表者、
  成績管理者、研究倫理教育責任者の皆様へ転送していただけますようお願いいたします。

 

平素より大変お世話になっております。一般財団法人公正研究推進協会(APRIN:エイプリン)より
維持機関会員の皆様へのお知らせをお送りいたします。

1.システムメンテナンス(6/29・金 17:00-21:00)と変更箇所について

既にeラーニングシステムの画面上でもお知らせしています通り、「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」につきまして、6/29(金)17:00から21:00までシステムメンテナンスを行います。メンテナンス中の受講は出来ません。このメンテナンスが完了しますと、以下の点が変更となります。

〇変更点

 受講者プロファイル中の「他のフィールド」(受講コース、部局(部署)、ユーザ属性、
 成績開示)欄が日本語・英語併記となります。

〇ご注意

 成績管理代表者/成績管理者の方で受講者登録時のCSVファイルで「ユーザ属性」も指定されている
 場合、6/29(金)のメンテナンス以降はCSVファイルの入力項目が下記の通り変更となります。
 ※登録済のユーザは自動的に日英併記のユーザ属性に書き変わります。

・変更前:ユーザ属性の項目は以下の5項目
「事務職員」「教員・研究者」「大学院生」「学部学生」「その他」

・変更後:ユーザ属性の項目は以下の5項目
「事務職員(Clerical Staff)」「教員・研究者(Teacher/Researcher)」
「大学院生(Graduate Student)」「学部学生(Undergraduate Student)」「その他(Other)」

 

2.2018年10月のシステム改修予定について

昨年10月のリリース以降、新eラーニングシステム「APRIN eラーニングプログラム(CITI Japan)」についてご利用機関の管理者様、受講者様より様々なご意見をいただいております。それらを受けまして、APRINでは皆様の利便性向上のため、新eラーニングシステムの全体的な見直しと改修を行うことになりました。

今回のシステム改修の目的は、ユーザインターフェイスの見直しと、特にご要望の多かった主要な機能の改修を行い、ユーザの皆様にとってより使いやすい、わかりやすいシステムを提供することです。

2018年10月より、優先度の高い機能から順次公開いたします。詳細な改修内容につきましては、後日ホームページ等でお知らせいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

eラーニング利用者アンケートについて

文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」CITI Japan プロジェクト(代表校:信州大学、連携校:東京医科歯科大学、福島県立医科大学、北里大学、上智大学、沖縄科学技術大学院大学)およびNPO法人日米医学教育コンソーシアムで行った、eラーニング成績管理者・受講者アンケートの総集計・分析を行いました。
詳細は、以下URLよりご覧ください。
https://www.aprin.or.jp/survey