「教材利用」のページを更新しました。

 教材利用」のページを更新し、eラーニング利用申込みから修了証発行までの流れに関するご案内を掲載しました。また、「教材利用」サイドメニューの「教材一覧」のページに、教材内容に関するご案内AMED支援「国際誌プロジェクト」で作成した教材についてを掲載しました。本教材では、国際学術誌が近年強く求めている研究の再現性、客観性、信頼性確保の手段を、映像教材も交えながら概説します。是非ご利用ください。

eラーニング利用者アンケートについて

文部科学省「大学間連携共同教育推進事業」CITI Japan プロジェクト(代表校:信州大学、連携校:東京医科歯科大学、福島県立医科大学、北里大学、上智大学、沖縄科学技術大学院大学)およびNPO法人日米医学教育コンソーシアムで行った、eラーニング成績管理者・受講者アンケートの総集計・分析を行いました。
詳細は、以下URLよりご覧ください。
https://www.aprin.or.jp/survey

「2017年度公正研究推進連絡会議」における文部科学省出張説明

文部科学省より1月23日付けで通達のありました「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドラインに基づく取組の徹底について」(事務連絡)について、2017年度公正研究推進連絡会議において、文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課研究公正推進室のご担当者様に説明いただくことが決定いたしました。
詳細の確認・事前参加登録は以下のリンクよりお願いいたします。
https://www.aprin.or.jp/seminar/seminar_detail/aprinkaigi2017