教材利用

【重要】「CITI Japan」から「eAPRIN(イー・エイプリン)」への名称変更について

 当eラーニングは長らく「CITI Japan」という名称で親しまれてまいりましたが、米国CITI Program*1を運営しておりますBRANY社との連携契約の更新により、2018年9月末日を以て、この名称の使用を停止することとなりました。これに伴い、APRINでは2018年10月1日(月)より、eラーニングシステムの新たな名称を「APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)」(イー・エイプリン)*2に変更いたします。なお、現在ご利用いただいておりますeラーニングシステムや教材につきましては、名称変更に伴う内容の変更等はございません。

 BRANY社とは、教材の相互利用や情報交換、人的な交流において、これまで以上に連携を強化し、当eラーニングにおいても、引き続き、国際標準の教材を提供してまいります。

 

*1 米国CITI Programについて
 Collaborative Institutional Training Initiative (CITI)は、「いかに上質で効率のよい倫理学習の機会を臨床研究者に提供するか」をテーマとして、2000年4月、米国の10大学病院等からの篤志家により結成されました。現在は、政府機関・大学病院を含む、米国内の多くの施設で広く採用されています。APRINのご提供するeラーニングは、これまで、米国CITI Programとの共同開発により、日本国内における国際基準を満たした行動規範教育カリキュラムを構築してまいりました。

 

*2 APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)のロゴについて
 APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)のロゴは以下の通りです。

 eAPRIN Logo