1/27 大学間連携共同教育推進事業「研究者育成の為の行動規範教育の標準化と教育システムの全国展開」最終報告会/事業継承式典/第3回研究倫理教育責任者・関係者連絡会議が開催されました。

平成29年1月27日、信州大学を代表校とする大学間連携共同教育推進事業「研究者育成の為の行動規範教育の標準化と教育システムの全国展開」の最終報告会/事業継承式典/第3回研究倫理教育責任者・関係者連絡会議が開催されました。事業継承式典ではプロジェクト代表校の信州大学およびNPO法人日米医学教育コンソーシアムから一般財団法人公正研究推進協会への事業継承が発表され、事業移管に関する合意書の取り交わしも行われました。
 

本イベントにつきましては、研究公正ポータルにもレポート記事が掲載されております。

科学技術振興機構 研究公正ポータル
「~第3回研究倫理教育責任者・関係者連絡会議レポート~」
http://www.jst.go.jp/kousei_p/jst_contents_plan.html

 

6/28 日本医療研究開発機構(AMED)研究公正国際シンポジウム「ORI(米国研究公正局)に聞く 医学研究における不正の防止と調査-今、行政、配分機関、研究現場は何をすべきか」において、市川理事が講演を行いました。

平成28年6月28日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて開催された、日本医療研究開発機構(AMED)研究公正国際シンポジウム「ORI(米国研究公正局)に聞く 医学研究における不正の防止と調査-今、行政、配分機関、研究現場は何をすべきか」において市川理事が講演を行いました。演題は、「日本における研究公正に関する取組の進展と現状」です。

6/14、7/4 文部科学省主催の「研究活動における不正行為への対応等に関する説明会」において、文部科学省が設置する「公正な研究活動の推進に関する有識者会議」の委員として、浅島理事長と市川理事が講演を行いました。

平成28年6月14日、京都大学百周年記念ホール(京都府京都市)にて、7月4日、東京大学安田講堂(東京都文京区)にて、文部科学省主催の「研究活動における不正行為への対応等に関する説明会」が開催されました。文部科学省が設置する「公正な研究活動の推進に関する有識者会議」の委員として、浅島理事長が「公正な研究を進める上での現状と課題」のタイトルで、市川理事が「我が国の研究倫理の向上・確立に向けた研究者の役割・研究機関の役割」のタイトルで講演を行いました。

(平成28年7月4日、東京大学安田講堂)